ふるさと納税がただの寄付になりかけた。

先日のふるさと納税の返礼品が届きました。

DUOドラッグメタルキャストスロー3個です。

今度サーフで使って見たいと思います。

返礼品よりも先行して寄付金受領証明書が送られてきていたので、

遅くなりましたが、

開封してみると、

ワンストップ特例申請書というものが入っていました。

ワンストップ特例申請書マイナンバーカード等の写しを返送する必要があるようです。

昨年は楽天ふるさと納税焼津市に2万円をふるさと納税して、

DUOのルアーのセットをもらっていました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】a20-011 DUOサーフルアー(4個)セット
価格:20000円(税込、送料無料) (2019/6/3時点)

しかし、昨年はワンストップ特例申請書を返送していませんでした。

焼津市と自分が住んでいる自治体に電話して確かめると、

ふるさと納税はできていませんでした。

対処方法を聞いてみると、

「最寄りの税務署に行って確定申告をしなおしてください。」

とのことでした。

税務署に寄付金受領証明書と源泉徴収票等を持って行き、

手続きすると20分程で確定申告は終わりました。

住民税の計算は済んでいましたが、

後から修正してくれるそうです。

気づかなければ、お得なふるさと納税ではなく、

ただの寄付になっていました。

一昨年は何の手続き必要なかったので、

昨年からワンストップ特例申請書が必要になったようです。

書類はちゃんと読むようにしておかなければと反省でした。



投稿者: 釣犬

高知でフラットフィッシュや青物を狙ったサーフゲーム、 チニング、エギング、チョイ投げ等々をしています。 釣行記やその他のことをブログに書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA