サルベージグリップを買ってみた。

昨年の夏から使っているヴィーナスグリップですが、

魚の口を掴んだときに、やはり指と魚の口とが近すぎます。

DSC_0382


ルアーのフックや魚の歯から手を守るために使っているので、

少し危ないと感じたので、

長めのフィッシュグリップの購入を考えてみました。

アマゾンをみると中国メーカーのフィッシュグリップが多くありました。

今回は中国メーカーのフィッシュグリップは除外して考えました。

最後まで悩んだのはUMIBOZUフィッシュグリップ


マルシン漁具
サルベージグリップです。

Dragon(ドラゴン) サルベージグリップ トレジャーーシルバー

新品価格
¥3,019から
(2019/4/27 11:10時点)

UMIBOZUフィッシュグリップは使用者の声を元に改良が続けられていて、

現在Ver2.0のようです。

ピストル型で角度がついていて握りやすそうですし、

カラーバリエーションも豊富なので

かなりUMIBOZUのフィッシュグリップに傾きましたが、

マルナカ釣具サルベージグリップのトレジャーシルバーが

安く売られていたのでサルベージグリップに決めました。

買ったときはトレジャーゴールドが三千円代に対して

トレジャーシルバーは2千円ちょいでした。

数日後にはトレジャーシルバーは2千円を切っていました。

さらに下がって買ったときとの差が五百円近くにもなっています。

少し悔しいとともに、製品に問題があるのか心配になりました。

株価暴落のように下がっています。

DSC_0536

コンビニ受け取りにしたので自分の都合で受け取りが遅くなりました。

持ってみるとものすごく軽いです。

ヴィーナスグリップよりも軽いほどです。

DSC_0537

角度のついたピストル型が持ちやすいかと思いましたが、

持ってみると、この真っ直ぐな形状も持ちやすかったです。

DSC_0538

先端はヴィーナスグリップと同じ形状です。

今年最初のサーフ釣行はボウズで、サルベージグリップ

出番はありませんでした。

早く試してみたいものです。

投稿者: 釣犬

高知でフラットフィッシュや青物を狙ったサーフゲーム、 チニング、エギング、チョイ投げ等々をしています。 釣行記やその他のことをブログに書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA