リバーシブル145とリバーシブル140

2年以上メインのルアーケースとしてリバーシブル145を利用してきましたが、

リバーシブル140を利用することにしました。。

DSC_0511


ルアーケース内でフックが絡むのが嫌いなので

リバーシブルシリーズを愛用しています。

主にプラグをリバーシブル145に入れて

メタルジグをリバーシブル100に入れていました。

最近、フローティングベストのポケット周りが破れたり、

ファスナーが壊れたので、

原因を考えてみると

リバーシブル145を入れていることが原因のようです。

もう一つのポケットにはリバーシブル100VS-3010NDM

入れていましたが、問題ありません。

フローティングベストのメインポケットは

VS-3010NDが1つのポケットに2つ入るスペックです。

VS-3010NDのサイズが205x145x40mmですが、

リバーシブル145は206x170x42mmですので

25mm分の幅がポケットに負担をかけていたようです。

DSC_0510

そこでリバーシブル140を購入しました。

リバーシブル140の外寸はVS-3010NDと同じ205x145x40mmです。

何故たった5mm違いの商品があるのか不思議でしたが、

理由がわかりました。

フローティングベストの基準となるVS-301NDに合わせて

新たにリバーシブル140が作られたようです。

リバーシブル145からリバーシブル140に替えた影響で

リバーシブル145には入っていた

DSC_0514

オシアヒラメリミテッド125Fが入らなくなりました。

DSC_0513

リップが当たってしまっています。

オシアヒラメリミテッド125FはVS-3010NDMに入れました。

ルアーが片面5個入るメインのスペース数は変わりないので

他のプラグはそのまま引っ越し完了です。

次にサイズのあるビーチウォーカー ウェッジは問題なく入りました。

リバーシブル145にはあった端っこの半分くらいのスペースが

リバーシブル140にはなくなりました。

小さなジグやジグヘッド+ワームを入れていましたが、

別のケース行きです。

リバーシブル140をフローティングベストに入れてみると

縦にすんなり入ります。

リバーシブル145はファスナーを下のほうまで下げてから

ポケットを横に伸ばすようにして入れていました。

もう少し早く気づければ良かったのにと少し後悔しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA